プロフィール

フォトアルバム

空夢

身近な自然現象から天気を占う「観天望気」に関するホームページ「空夢の部屋」開設中 野鳥を中心に写真を撮るのが好き。 時々、趣味を超えて野鳥の調査のため野山に溶け込む。道が分からなくなり遭難しかけたことや、クマに遭遇したこともあるが、なぜかまだ健在。

更新ブログ

カウンター

2021年7月 7日 (水)

モノサシトンボ

これまで勢力を誇っていたトンボが姿を消し、モノサシトンボが繁殖行動を始めました。数多い種類のトンボたちは、時期をずらすことでしたたかに生き残っていくのでしょう。

Monosasi

2021年7月 6日 (火)

ジャコウアゲハ

今年もジャコウアゲハが飛ぶ季節となりました。前翅にくらべ後翅の尾が長いことと、体の赤い斑点が特徴です。オスの体からは独特の臭いがすることがこの名前の由来のようです。食草が限られているので、広く分布しているわけではないようですが、ここでは毎年たくさんのジャコウアゲハを見ることが出来ます。

Jakouageha

2021年7月 5日 (月)

サカハチチョウ

林道の渓流沿いで見慣れないチョウに出会いました。サカハチチョウの♀夏羽のようです。春羽だともっときれいな羽をしているようですが、夏羽は夏羽でなんとも不思議な色合いです。

Sakahachi_01

Sakahachi_02

2021年7月 4日 (日)

ササゴイ

今年、中々姿を見なかったササゴイに一瞬ですが出会える事ができました。どこかで繁殖していることを願います。

Sasagoi

2021年7月 3日 (土)

コオニヤンマ

黄色と黒のトンボが飛んでいたので、てっきりオニヤンマだと思ったのですが、写真を撮ってよく見ると違います。頭が体や胸に比べて異常に小さい。調べるとコオニンマというトンボのようです。オニヤンマと名が付くのにヤンマ科ではなくサナエトンボ科のトンボだそうです。そういえば羽の付いている胸前面の模様はサナエトンボの特徴です。

Kooniyanma

2021年7月 2日 (金)

ミスジチョウ

市内の公園の中で見付けました。コミスジはよく見かけますが、ミスジチョウは中々見付けられません。こんな町中にいるとは!

Misujicyo

2021年7月 1日 (木)

マツモムシ

何やら水たまりの上に浮いている虫がいる。よく見ると背中ではなく、お腹を上にしているようだ。調べてみると、マツモムシ。英語では「backswimmer」だそうで、納得。肉食で、かまれると痛いそうな。触らなくて正解。

Matsumomusi

2021年6月30日 (水)

ハグロトンボ

ハグロトンボがふわふわと飛んでいました。このトンボを見ると夏が来たなぁと思ってしまいます。

140a0362

140a0384

2021年6月28日 (月)

ごっついアゴ

きれいなハンミョウがいました。写真を撮って分かったのは、ゴッツイ あご です。調べてみるとやはり肉食のようですね。きれいなだけではないようです。

Hanmyo_01

Hanmyo_02

2021年6月24日 (木)

キイトトンボの繁殖

耕作放棄地の水たまりにキイトトンボが居ました。来年も見られそうです。

Kiitotonbo