プロフィール

フォトアルバム

空夢

身近な自然現象から天気を占う「観天望気」に関するホームページ「空夢の部屋」開設中 野鳥を中心に写真を撮るのが好き。 時々、趣味を超えて野鳥の調査のため野山に溶け込む。道が分からなくなり遭難しかけたことや、クマに遭遇したこともあるが、なぜかまだ健在。

更新ブログ

カウンター

天気・観天望気 Feed

2021年6月12日 (土)

日暈は雨の兆し

6月11日午後4時頃、日暈を確認しました。その後日中は余り雲は広がらず暑い一日でした。夜になっても蒸し暑さは続いていましたが、夜遅くなると急に気温が下がり始めました。明け方、雲は厚くなり、午前6時頃ほんの少しポツリと雨が降りました。降らなかったと言っても良いくらいの雨で、悩ましいところですが、一応観天望気のことわざ通りに日暈は雨の兆しであったと言えるでしょう。

2021_06_11

NHKの朝ドラで観天望気がよく出始めました。うれしいのですが、観天望気での予想は「10分後に○○の方向に・・」などと正確なものではなく、アバウトな予報です。少し誇張しすぎかな・・。

2021年4月16日 (金)

日暈は雨の兆し

4月15日午前9時頃、日暈を確認しました。その後、日中は殆ど雲量は変化しなかったのですが、夕暮れ頃から徐々に雲が広がり、翌朝11時頃、ことわざ通り、ポツリポツリと雨が降り始めました。日暈を確認しておよそ26時間後に降り始めた事になります。

2021_04_15

2021年3月 5日 (金)

すじ雲がでると雨

観天望気のひとつ「すじ雲が出ると雨」。3月4日の午前9時頃、すじ雲を確認しました。天気は緩やかに変化。少しずつ雲の厚さが増して、夕刻には青空が殆ど見えない状態に。翌5日の朝6時頃、本当に僅かですが、ポツリポツリと雨が降り始めました。すじ雲を確認して約21時間後に雨が降り始めた事になります。

2021_03_04_suji

2021年1月15日 (金)

虹色現象

少し前の11日ですが、久しぶりに晴れ渡った日の午後、空に虹せいろ現象が発生しました。なんとも幻想的なその様子は、これまでに見たことも無いくらい、いろいろな虹色が含まれていました。

次の4つです。

日暈:太陽の周りに丸い輪が見える。

幻日:日暈の両端に輝く虹色の部分(もう一つ太陽があるように見える)

タンジェントアーク:日暈の上部に直線的だけど少し曲がった虹色の線

環天頂アーク(逆さ虹):太陽光が大気中の氷の粒に反射して現れる現象

珍しいですね。

2021_01_11___01

2021_01_11___02

2020年10月23日 (金)

うろこ雲が出ると雨

「うろこ雲が出ると雨」は観天望気の代表的なことわざ。10月21日の午後4時頃、うろこ雲を確認。まだ青空は広がっていて空全体の5割程度を占めていたが、午前中の快晴状態から判断すると、雲はかなり広がってきていた。その後、日暮れ頃には雲は空全体にまで広がったが、まだ高度は高かった。翌22日の朝、空は全面の雲であったが、ポツリポツリと降り始めたのは午前10時頃であった。うろこ雲を確認してからおよそ16時間後に雨が降り始めた事になり、このことわざ通りとなった。

2020_10_21__

2020年10月22日 (木)

朝霧は晴れ

観天望気の代表的なことわざに「朝霧は晴れ」があります。10月20日の朝はまさにその通り。朝方濃かった霧は、午前8時過ぎにはすでに薄くなりつつありました。(写真)その後午前9時過ぎにはすっかり霧は晴れ、真っ青な秋晴れとなりました。

Img_6778

2020年5月 6日 (水)

日暈は雨の兆し

5月5日(水)の夕刻16:00頃、日暈を確認しました。翌日未明午前3時頃、すざまじい雷が2~3度なりましたが、雨は降らず。結局明け方午前6時頃から一気に雨が大粒で降り始めました。上空が不安定だったようです。日暈を確認してから雨が降り始めるまでに約14時間でした。お天気のことわざ「日暈は雨の兆し」の通りとなりました。

2020_05_05_higasa

2020年4月12日 (日)

二重の日暈

11日の午後4時頃、二重の日暈を確認しました。二重に見える日暈は初めて見ました。「日暈は雨の兆し」のことわざ通り、12日の朝10時頃、ポツリポツリと雨が降り始めました。傘を確認してから18時間後に降り始めたことになります。

Ae3a5777

2019年12月15日 (日)

幻日現る

太陽の両サイド少し離れたところに虹色に輝く部分が現れる「幻日」と呼ばれる現象が現れました。観天望気では「虹色現象は天気の下り坂」と呼ばれています。午後3時頃確認したこの現象後、雲は徐々に厚くなり、翌日の午後2時頃、雨が降り始めました。現象を確認して23時間後に降り始めたことになります。天気の諺(ことわざ)通りになりました。

Dsc03196 わかりにくいので、太陽の位置を水平に右側に移動した部分を拡大します。

Dsc03197

2019年12月13日 (金)

月暈

日暈(ひがさ)はよく見かけますが、月暈が出ていました。暈が見られるとだんだん天気は下り坂の印です。12月10日の午後9時頃見かけたのですが、12日の午前2時頃、ようやく雨が降り始めました。月暈を確認してから約29時間後の雨でした。

2019_12_10__011